カテゴリー: お知らせ
投稿者: haru
いつも小説家になろうグループをご利用いただきましてありがとうございます。

株式会社KADOKAWA様とのタイアップ企画「オシリス文庫 第1回次世代官能小説大賞」におきまして、最終選考結果の発表を行ないましたのでご連絡いたします。

最終選考結果は下記公式サイトにて発表となっておりますので、是非ご確認をいただけますと幸いです。

この度は「オシリス文庫 第1回次世代官能小説大賞」に200作もの多くの作品をご応募いただき、誠にありがとうございました。

▼オシリス文庫 第1回次世代官能小説大賞(PC用ページ)
http://pc.hnovel.jp/ex/noc_award01/

今後とも小説家になろうグループをよろしくお願いいたします。
カテゴリー: お知らせ
投稿者: kazu
いつも小説家になろうグループをご利用頂きありがとうございます。

本日の更新におきまして、X活動報告にコメントが行なえる機能を追加致しましたのでご連絡いたします。

・X活動報告コメント機能
Xユーザの活動報告にコメントが書けるようになりました。
X活動報告のコメント受付設定につきましては、ユーザ情報編集ページより行なって頂けます。

なお、X活動報告へのコメント機能につきましてはXIDを取得されていない方はご利用頂けませんのでご注意ください。

※18歳未満の方はXマイページのご利用はご遠慮頂きます様お願い致します。

今後とも小説家になろうグループをよろしくお願い致します。
カテゴリー: 出版された作品
投稿者: haru
ナイトランタン関連サイト登録作者:西條六花さんの書籍の紹介です。

・作品名 聖女の罪咎
・作者名 西條六花
・イラストレータ 秋那ノン
・発売日 2015年8月25日
・販売価格 690円(税込)
・購入方法 書店、ネット通販(Amazon、楽天、セブンネット等)
・出版社 オークラ出版
・レーベル エバープリンセス
・ISBN 9784775524596

・内容
一年前の嵐の夜、修道女のエレオノールには秘密ができた。怪我をした見知らぬ男に、
純潔の誓いを立てた身を穢されたのだ。誰にも知られなければ、このままの暮らしを
続けられる──修道女をやめても行く場所がないエレオノールは、あの日の恐怖と恥辱を
誰にも話すことはできなかった。しかし、彼女の罪を知るただひとりの男と再会して……。

・その他伝えたい事
オークラ出版エバープリンセスからは2冊目の書籍となります。
前作「花は秘密の夜に惑う」共々、よろしくお願いいたします。
カテゴリー: 出版された作品
投稿者: haru
ナイトランタン関連サイト登録作者:七色春日さんの書籍の紹介です。

・作品名 極地恋愛2
・作者名 七色春日
・イラストレータ 魁李
・発売日 2015年9月12日
・販売価格 1,080円(税込)
・購入方法 ・書店
・アマゾンなどネット通販サイト
・電子書籍サイト
・出版社 キルタイムコミュニケーション
・レーベル ビギングノベルズ
・ISBN 9784799207895

・内容
太平洋の無人島に漂流した五人の男女。
救助の手は伸びず、原始的なサバイバル生活に身を投じることになり、なじみのない厳しい自然環境に戸惑いながらもそれぞれの生き方を選んでいく。
第二弾は島にひそむの怪物スモークマンと冷酷な主人公との一騎打ち。五人の中で生き残るのはただ一人だけ。
孤島のダークストーリーの幕切れとなります。

・その他伝えたい事
『極地恋愛2』無事発売することになりました。

応援してくださった読者の皆さん、ありがとうございます。

書籍化の際に加筆修正しました。
Web版の最終話のその後の話も執筆しましたのでよろしければ手に取ってみてください。

感想をツイッターやブログ、Amazonなどでレビューを書いて頂けると、もれなく書き下ろし電子書籍を配信致します。
カテゴリー: 出版された作品
投稿者: haru
ナイトランタン関連サイト登録作者:木野美森さんの書籍の紹介です。

・作品名 「運命の乙女は狂王に奪われる」
・作者名 木野 美森
・イラストレータ 北沢きょう
・発売日 2015年8月31日
・販売価格 1,296円(税込)
・購入方法 書店、ネット通販など
・出版社 株式会社アルファポリス
・レーベル レジーナブックス
・ISBN 9784434209833

・内容
弟が敵国の狂王を暗殺しようとしていると聞き、その現場に飛び込んだ伯爵令嬢のリリー。彼女は、返り討ちに遭いそうな弟を必死に庇う。当然切り捨てられるかと思っていたのだが、王はなにもせずに立ち去ってしまった。結局、命は助かったが、リリーと弟は囚われの身となる。そんな彼女に、王の側近が接近してくる。側近曰く、王が狂王となったのは呪いが原因であり、それを解けるのは「運命の乙女」のみだとか。しかも、彼はリリーがその乙女に違いないと言い出した! 弟のこともあり、仕方なく王の傍で彼を癒し、呪いを解こうと試みるリリー。けれど、次第に王に惹かれていき――!?

・その他伝えたい事
この度「運命の乙女は狂王に奪われる」が書籍化されました。
書籍化にあたり、説明不足だった箇所を補足、エピソードの追加など大幅に加筆修正しております。なにより北沢きょう先生による美麗カバーイラスト、挿絵は必見です。イメージ通り以上のキャラクターイラストは、ウェブ版を読んでくださった方にこそ、ぜひ見ていただきたいです。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 127 | 128 | 129 |...| 151 | 152 | 153 || Next»